Tsukasa's Diary

2018/03/31,

2018/03/31

起きて仕事行けなくてやめてご飯食べてカフェ行ってちょっと文章書いて脚本書いてみた一日だった。なんかそう遠くないうちに作れたらいいな。


2018/03/24,

2018/03/24

めちゃくちゃひどいことがあってそれを考えてる時間ほど無駄な時間はないと思いつつふとした時に思い出してしまう嫌な日だった。

睡眠不足も相まってか希死念慮のバロメーターが最近の中でMax切ってた。なんかそんな日にちはやふる 結びを観た。とてもよかったとおもう。高校生のときからけっこうな原作ファンだから上から目線誰様目線かもしれないけどああこういうふうにまとめたんだ、っておもった。原作もだいぶ後半に入ってる感じ熱いし感慨深いよね

なんか色々考えた結果、というかこんな日に結果を出すのは間違ってるのかもしれないけどしばらくは韓国語の勉強がんばろうとおもった。おやすみ。


2018/03/21, ,

2018/03/21

休みになると疲れが出るのか一日中寝てた日だった。やっぱりなんのために生きてるのかがよく分からない。
ジョンヒョンがいなくなって、ジョンヒョンって私にとってどういう存在なんだろう、近親者でもないし、ただ一人のファンに過ぎないんだけど、って改めて考えてみたりしたけど近かったのは「目標」かもしれないと思った。ジョンヒョンみたいなすばらしい人になりたかったし、いつかわたしが自分のやりたいことで成功してジョンヒョンと話をしてもおかしくないくらい、話をできるくらいになって、色んなことを聞いてみるのが夢だった。本当に聞いてみたいことがたくさんあったし、わたしがいつか自分の映画を作れるようになったらジョンヒョンに曲を作ってもらえるような、そんな人間になりたいと無意識に願ってたことに気が付いた。
そういう本当に夢みたいな大きい目標を失って、もう何を糧に頑張ればいいのかよくわからないんだと思う。時間が経ってきて、何も実感はないのにとにかく指標を失ったということだけはよくわかる。
いま色々やなことが重なってる時期だからそう思うのかもしれないけど、生きるのって大変だなと思う。こんなにしんどい思いして先に何があるんだろうか。
たまに起こる人生の煌きみたいな瞬間を糧に生きていけということなんだろうか。


2018/03/05, ,

2018/03/05

昨日はなんか書くこともなかったし書く気もしなかったから日記書いてなかった。
今日はお昼にインタビューをひとつさせてもらって、そのあとシェイプ・オブ・ウォーター観てきた。
グリーンが美しくて、あとなんかもうわたしもつかれた連れてってくれ…みたいな気分になった。最後の詩に色々考えることがあった

今日なんか久しぶりにジョンヒョンのStory Op.2聴いたらほんとに良すぎてもうこれ以上新作が出ないこと、一緒に歳をとっていけないことに絶望してしまった。ジジイとババアになってジョンヒョンの音楽と一緒に歳をとっていきたかった。ビルボードとかでライブしてほしかった。いつか絶対してくれると思ってた。ジョンヒョンの音楽があれば何も怖いものなんてなかったのに。もうこれから一体誰の音楽を聴けばいいんだよ。怒ってるわけじゃなくて、ただただ絶望してる。

F588A8B9-5A07-496C-8304-9C03B287D9E7
カメラロールで去年のウィメンズマーチの写真探してたら偶然この画像が出てきて。ジョンヒョンのラジオでの発言を誰かが訳して書き起こしてくれたもの。あまりにも素敵で保存してたんだと思う。こんなタイミングで出てこられたら泣いてしまう。どうすればいいんだろう。今さらどうすることもできない。


2018/03/02, ,

2018/03/02

花粉症が酷すぎて生きるのに支障きたしてる。病院2軒行ったけどどっちでもらった薬も全然効かなくて鼻水止まらないわ目はかゆいわくしゃみは止まらないわ喉は痛いわでもう完全に無理。花粉症の薬いろいろ試したけどどれも全然効かない。一体何だったら効くの…

そして今日は仕事終わってブラックパンサー観てきた。最近映画館で映画ぜんぜん観てないから久しぶりだった。もはやマーベル映画しか映画館で観てないのでは、みたいな行ってなさ。ブラックパンサー観ながらそうだった、マーベルワールドについていくの結構頭つかうんだった、って今さら思い出してた。ブラックパンサーに死後の世界みたいな場所が出てくるんだけどそこでふとジョンヒョンのこと思い出してた。あの苦しみもなにもない穏やかな場所。あんな場所でやりたいことやってしあわせに暮らしてるといいなって思った。でもそこで具体的に何やってるかな?って想像したらやっぱり楽しそうに音楽作ってるんじゃないかなって、そんな姿ばっかりが浮かんだ。ほんとそういう人だったよね。


TSUKASA'S DIARY