Tsukasa's Diary

2017/12/30, ,

今年書いたもの、関わらせてもらったものまとめ

年の瀬なので今年私が書いたもの、関わらせてもらったものを少しまとめたいと思います!

まずこのサイトで2016年から書いている「わたしの新しい世界 -アメリカ留学体験記-」シリーズ。
わたしの新しい世界 -アメリカ留学体験記(1)-
わたしの新しい世界 -アメリカ留学体験記(2)-
(2)からしばらく続きが書けていなかったのですが、ジョン・オカダの『ノーノー・ボーイ』に勇気をもらい精神的続きのようなものを書くことができました。

わたしの新しい世界 -アメリカ留学体験記(2.5)-/ジョン・オカダの『ノーノー・ボーイ』

かなりゆっくりなペースですが書き続けていきたいと思っているシリーズです。

2月には作家の柚木麻子さんにインタビューをさせていただいた記事を掲載しました。「女性を描き続ける小説家 柚木麻子さんにインタビュー
記事を掲載してからもうすぐ1年ほど経ちますがいまだに反応をいただける、わたしもお気に入りの記事です。柚木さんの女性同士の関係性における美学が伝わってきます。

柚木さんには今月Sister Magazineで『伊藤くんA to E』映画化を記念して再びインタビューをさせていただきました。
『伊藤くん A to E』映画化記念、作家の柚木麻子さんにインタビュー
こちらのインタビューも思わずメモしたい言葉がたくさんあって、楽しいです。

3月にはインスタグラムに悲痛なメッセージを残したf(x)アンバーに向けて手紙のような記事を書きました。反響が大きくてちょっとびびりました。
アンバーへ

5月にはScarlet & Juneで「Hear Our Roar」という朗読と演奏の会を下北沢Threeで行いました。
会場ではメッセージボードを設置し、出演者、来場者のみなさんで「叫び」を書きました。
その中の私のメッセージがこれでした。
地方はどこだ

また当日私が行った朗読も書き起こしをしました。
朗読と演奏の会「Hear Our Roar」スピーチ全文(柚木麻子さん作『その手をにぎりたい』によせて)

9月21日発売の「早稲田文学増刊 女性号」ではわたしとほのかが「インディペンデントメディアという場」をテーマに野中モモさん、川上未映子さんと座談をさせていただきました。
メディア掲載情報「早稲田文学増刊 女性号」

また同月にCINRAから誕生した自分らしく生きる女性を祝福するライフ&カルチャーコミュニティ「She is」では「未来からきた女性」をテーマに記事を書かせていただきました。
先人を知ることは、未来を知ること
大好きな氷室冴子さんについて書いた記事です。

このあたりにはじめて自分のパーソナルzineというものを作りました。
「わたしの東京物語」というタイトルで、氷室冴子さんのエッセイ集からインスパイアされたタイトルですね。
目次はこんなかんじ。
《目次/ 1.まえがき 2.エッセイ 3.わたしのお城はどこだろう?(実写版ディズニー美女と野獣について) 4.氷室冴子ブーム 5.ZINEを作ろうと思ったきっかけについて 6.近況・日々のつぶやき 7.おわりに》
Store←こちらのリンクから買えます。

10月には「She is」にて、「ミレニアル世代が作るメディアって?」をテーマとした座談会にSister Magazineの創始者として参加させていただきました。「『HEAPS』×『HIGH(er)magazine』×『Sister Magazine』ミレニアル世代が作るメディアって?女性編集長座談会

そして12月にはSister Magazineが期間限定で復活し、それに伴って過去に書いていた記事が再公開されました。
韓国のレトロライフスタイルショップ「neon moon」と韓国のアートブックフェアについてインタビューしてきました!
韓国の素敵なライフスタイルショップのオーナーさんと韓国でデザイナーとして活動されているErinamさんにインタビューさせていただいた思い出深い記事です。

Into A New World -また出会う私たちの新しい場所-
シスター開始当初、自己紹介のような気持ちで書いた記事でした。

『裸足の季節』デニス・ガムゼ・エルギュヴェン監督インタビュー
これは映画『裸足の季節』の日本公開時に来日した監督、俳優陣に取材をさせていただいた記事。

そして今年Sister Magazineが復活して最初に書いたのは
わたしは女優になりたかった」という記事でした。とても個人的な内容で、載せるのを迷ったけれど載せた記事です。とにかく出たい!笑

愛するジョンヒョン
10代の頃からずっとファンで、いつも励まされ勝手に一緒に成長してきたような気持ちになっていたSHINeeのジョンヒョンが亡くなったというニュースを聞いて思うがままに書いた文章です。このことについてはまだ整理ができていないままで、もし落ち着いて考えられる日がきたら何か発信することがあるかもしれません。

『伊藤くん A to E』映画化記念、作家の柚木麻子さんにインタビュー
そして先に書いた柚木麻子さんのインタビュー記事で記事として発信をしたのは今年最後になるかと思います。

来年もよろしくおねがいします!

Tsukasa

Twitter Instagram


TSUKASA'S DIARY